スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone4修理

05bat1.jpg
iPhone4sが余っていたのでWeb動作確認用で使っています。
もちろん、Verizonwirelessには接続せず、Wifiで利用しました。
ところが、電池の持ちが悪く、電池を交換することにしました。
amazonで電池をオーダーしました。
工具付きの電池です。
そして、分解開始。
コネクター両横にあるねじ2つを外すと、裏蓋が簡単に開けることができました。
そして接続ケーブルの2つのねじを外して、電池を外します。
しかし、電池は両面テープでしっかり本体に張り付いていました。
気を付けながら電池をはがします。
そして、新品に交換。
意外と簡単な作業でiPhone4sが復活しました。

Norton security premium

61B9tYTcOkL_SY550_.jpg

1年に1回再インストールを行事としています。
そのタイミングがノートンのリリース時期です。
ところが今年から様相が違っているようです。
特に2016年版といった表記はなくなりました。
その結果、TechBench を買わずにダウンロード版を購入しました。
10デバイスのダウンロード版です。
49.99ドルということですから1台に換算すると4.99ドルとお買い得ですね。
来年は更新時に価格はいくらになるんだろうか?っと心配しています。




osx 消音

imac_mute.png

macbook airにWindows10をインストールして使っています。
最近ご存知のようにwindowsのUpdateが多いため、夜中にアップデートが行われます。
すると、深夜に再起動が始まって「じゃじゃーん」と鳴り響きびっくりすることがありました。
OSXとWindows10をBootcampで使い分けているのがそのもそもの間違えです。
とわ言え、上手に運用してゆかなくてはありません。
googleさんにお伺いを立てたところ、いくつか解決策があるようです。
1.OSX利用時にスピーカーを消音
2.ヘッドフォンを差し込んでおく
3.アプリの力を借りる

ということでした。

2.は効果がなく、3はアプリをインストールしたくない派なのでしたくない。
1という結果になりました。
でも消音を解除したらもとに戻さねばなりません。
また深夜に「じゃじゃーん」と鳴り響くかもしれませんね。
アプリを使うべきか考え中です。

windows 8.1 homeからwindows 10 homeへ

41mqYLz8fKL_SX425_.jpg
調子に乗ってもう1台windows 10 homeへアップグレードです。
これもクリーンインストールしようと思い現状のwindows 8.1 homeを調べたらwindows 7 homeのアップグレードでした。
さらにwindows 7 homeはwindows XPのアップグレードでした。
これは最悪な状況です。
まともにインストールするなら
1.windows XPのインストール
2.windows 7 homeのアップグレード
3.windows 8 homeのアップグレード
4.windows 8.1 homeのアップデート
5.windows 10 homeのアップグレード
ですね。
気が遠くなりますのでwindows 7 homeからwindows 10 homeのアップグレードにします。
windows 7 homeはアップグレード版なので、1回CDキーなしでインストールを完了させます。
そのあとにもう一度windows 7 homeアップグレード版でクリーンインストール。
そして、windows 10 homeのアップグレードとなります。
これも嫌なので奥の手です。
現状windows 8.1 homeですからwindows 10 homeのアップグレードします。
そして、windows 10 homeにwindows 10 home再インストールします。
この再イストールでカスタムを選びクリーンインストールを行います。
これしか時間短縮はないようですね。
このやり方はかなりマニアックなのでよいこの皆様はマネしないように。

Macbookair windows 8.1 homeからwindows 10 homeへ

buy-Windows-81-pro-product-keys-500x500.jpg
OSアップグレードには抵抗があります。
できればクリーンインストールがしたいのですが、windows 10 homeへアップグレードはできないようです。
そこで、いったんwindows 8.1 homeをクリーンインストールして、windows 10 homeへアップグレードという方法にしました。
ところがwindows 8.1 homeはアップグレード版でした。

つまり、Windows 7 home をインストールしてwindows 8 homeへアップグレード、windows 8.1 homeへアップグレード。
windows 8.1 homeからwindows 10 homeへアップグレードとなります。
これは時間がかかりすぎるので、Windows 7 home をクリーンインストールして、windows 10 homeへアップグレードです。
こちらで持っているWindows 7 homeは初版でしたのでSP1にアップデートしないとwindows 10 homeへアップグレードできません。
全く持って厄介このゆえない。
仕方なく、Bootcampを使ってWindows 7 homeのインストールから開始です。
Windows 7 homeがアップデートされてSP1になり、やっとwindows 10 homeへアップグレードのスタート地点。
そして、難なくwindows 10 homeになりました。
ところがBluetoothのドライバーが入りません。
そして、Googleさんにお伺いしたら、windows 10 homeへアップグレード後にBootcampのドライバーアップデートをするとBluetoothのドライバーが入ることがわかりました。
そして、実行したら、すんなりBluetoothのドライバーが入ります。

実はMacbookairでwindows 8.1 homeを動作させると、CPUの熱が出てFANが高速回転してしまいます。
いろいろと掃除の含めて対処したのですが効果はあまりありませんでした。
MacOSではFAN高速回転ははさほど問題にならなかったのでwindows 8.1 homeが過剰にCPUを使っているのだと思います。
そこで、今回のwindows 10 homeですが、FANの高速回転は回避できたように思えます。
windows 10 homeは効率よく動作しているという結果なんでしょうか?

もう少し、様子を見たいと思います。

プロフィール

管理人

  • Author:管理人
  • 「0から始めた管理人の自作PC」ブログ版
    秋葉原から遠ざかってはや10数年。
    ここアメリカでもpc関連の情報発信にいそしむタフなやつ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。