スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macbook airにwindows8

61VcjLyAWvL__AA1024_.jpg
Windows8のマシーンは別の人に評価してもらっているので、もう一台欲しくなってしまいました。
そこで、再び1月末で優待販売が切れてしまうwindows8proを購入。
それを出張用のMacbook airに入れて見ることにしたのです。

準備のためにグーグルさんにお伺いを立ててみると少しだけ情報がありました。
でも、皆さんアップグレードしたものばかり。
クリーンインストールは出来ないという記事が出て来ましたが、できるのではないかという予想です。

1.USBのDVD ROMとSDカードを用意
2.再起動で後、コマンドキーを押し続け、DVD ROMからwindows8pro アップグレード版を起動
3.ライセンスキーを入力して、アドバンスでクリーンインストール開始
4.普通にローカルユーザー認証でセットアップ完了
5.SDカードに入れたapple windows supportで足りないDriverを当てる

非常に簡単にインストール出来ました。
最後まで当たらなかったDriverがAudioです。
が、Device Managerから削除してそのままですが、動作に問題なし。

現在、評価用に検証中です。

なお、現時点、このwindows8のインストールはappleとして推奨はしていませんので、
これらのインストールはすべて自己責任でお願いします。
スポンサーサイト

windows8 使い勝手向上委員会 その2

desktop01.jpg
Windows7ユーザーでデスクトップにスタートボタンが無いのは困ります。
そこで、グーグルさんにお聞きすると、いくつか解決方法が出てきます。

有料ソフトもあれば無料のソフトも存在します。
3つの無料ソフトを試したものの、どれも一長一短。
しかも、要らないソフトもインストールさせられる場合もあり、どれもオススメ出来ませんでした。
強いて言えば、Classic Shell でしょうか。
でも初心者の方にはインストールで余計なソフトが入りそうなので、おすすめしません。
くれぐれも自己責任でインストールしてください。

さらに、regeditを使ってスタートを復活する方法もありましたが、
そこまで危険を犯すほどの内容ではないのでこのまま使おうと思います。

スタートボタンの次に重要なのはコマンドプロンプトですね。
コマンドモードでプログラムを実行したいのですが、これも厄介ですね。
これも調べてみるとWindowsキー+RでRunのウインドーが上がってきます。
ここにcmdと入力すれば、コマンドウィンドが出ますので、これは便利です。

Windowsキーはまだまだいろんな機能がありそうですね。

Windows8になっても不思議の国Windowsは変わりないです。

windows8 使い勝手向上委員会

desktop01.jpg
このWindows8はあまりPCはに詳しくない人に使ってもらうことにしました。
色々と説明をする必要もないと思い、使わせていたのですが、
PCの電源が切れなくて困っていたようです。

そして色々と調べてみると

1.パワーボタンを押す
これは危険すぎます。
長くパワーボタンを押しすぎるとOSではなくハードウェアの電源オフ機能が動作します。
デスクトップではパワーボタンのすぐ下にリセットボタンがあり、間違えて押す可能性があります。

2.マウスで右画面の際に持って行き、メニューを表示->Settingー>電源OFF。
4つの動作をしないとパワーオフができません。

3.Windowsキー+I
3つの動作をしないとパワーオフができません。

4.シャットダウンのショートカットキーを作る
shutdown /s /t 0 をコマンドから実行すれば終了するのでこのショートカットキーに設定しますが、
普通の人ではこの設定が難しいと思います。

ということで、どれも良い方法は無いようです。

一番良い方法は電源OFFしないで放置することなんでしょうかね。
windows7を使ってきたユーザー向けのOSでは無いと割り切るのも…なんですね。

windows 8 pro upgrade版

7a08cd67-9aa9-4070-8a34-dfa710170a19_24.png
年明けにやろうと言いつつも、忙しかったのでやっとインストールしたWindows 8 Pro。
サービスパック1が出るまでは手を出すのを控えていましたが、意外と業界では評判が悪くないようです。
そこで、意を決してインストール作業に。
今回購入したのは今月末で販売終了するお買い得品のアップグレード版。
OSは絶対新規インストールしか信用しませんのでアップグレードはパスします。
問題はクリンインストールがアップグレード版OS出来るかですね。
Windows7のときは出来ましたのでその時の技でインストールをやってみました。

1.WindowsXPをインストールしてあるHDDを用意。
2.最終的にOSをインストールするHDDを用意。
3.アップグレード版DVDから起動。
4.アップグレード版キーを入力。
5.新規インストールをするためアドバンスで2台のHDDから1台を選択。

といった手はずで、問題なくインストールが完了しました。

c8d8763d-f1a4-4533-9f06-1b827d059236_10.jpg

特に足りないDriverもなく簡単インストール。
最終設定で電子メールなどを聞かれますが、ここはwindows7と同じくローカル認証を選択でインストール完了。

ですが、PCを長いこと使い慣れている人にとってはデスクトップが一番使いやすいはずです。

desktop01.jpg

そのデスクトップにスタートボタンがありません。
キーボードのスタートボタンは今までのスタートボタンではなく、「こりゃまいった」というのが正直な感想。
これからどうすれば使いやすくなるのか探してゆこうと思います。

LGA2011リテンションキット

41PgIN2eRsL.jpg
以前導入したH80水冷CPUクーラーなんですが、かなりの騒音です。
ANTEC H2o 620の水冷CPUクーラーが低騒音であることがわかりました。
ただ、ANTEC H2o 620の水冷CPUクーラーはLGA2011に未対応。
そこで、グーグルさんに調べてもらったらLGA2011リテンションキットを発見。
こちらで何とか購入できるか調べたもののebayにカナダの方が出店している情報のみ。
ebayで買うのも...
すると日本のアマゾンで売っているのを発見。
しかし、売り切れでした。
そこでもう一度調べてみるとこのメーカーにOEMしている会社から写真のテンションキットがあることがわかりました。
51PJtAtfWQL.jpg


そこで、日本のアマゾンにオーダー。 日本に行ったときにコンビニ留めで受け取りました。
とってもコンビニ留めは便利ですね。

そして、メインマシーンでANTEC H2o 620の水冷CPUクーラーとテンションキットに交換。

これは素晴らしく低騒音でした。
プロフィール

管理人

  • Author:管理人
  • 「0から始めた管理人の自作PC」ブログ版
    秋葉原から遠ざかってはや10数年。
    ここアメリカでもpc関連の情報発信にいそしむタフなやつ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。