スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SABERTOOTH X58壊れる

box.jpg
随分前に購入したメインマシーンSABERTOOTH X58ですが、SATA3のSSDを導入したあたりから調子が良くありません。
たまにブルースクリーンとなり停止しします。
asus-sabertooth-12-l.jpg
どこが悪いのか?
ということでまずはGoogleさんにお伺いを立てました。
「marvelのBIOSをアップデートせよ!」という記事があったのでBIOSのアップデート。
そして、接続。問題解決。
しばらく、ブルースクリーンにならず快適に使用。

そこにSATA3のHDDを増設。

このことにより頻繁にブルースクリーンが発生。
仕方がないのでMarvelのインターフェースを諦め、SATA2に接続。
しばらく、ブルースクリーンにならず快適に使用。
ところが、頻繁にブルースクリーンが発生。
Marvelを含むSATAまわりを疑ってみました。

どこが悪いのかアイソレートするために、
増設SATAカードを装着、このカードにHDDを接続。
それでも問題解決せず。

結論としてはマザーボードの故障。

これだけ投資したパーツが使えなくなるのは悲しいことなのですが仕方ないこと。
でも、諦めきれず、まだ検証作業を続行。

散々パーツを変えたりして、組み合わせの動作検証を行った結果、
3channelメモリー2スロット目をはずしたところで、問題解決。
MarvelSATA3は依然使用できず、SATA2接続でなんとか動作するようになりました。

とにかく疲れました。

しかし、この状況ではメインマシーンとして使い続けられないので、テストマシーンにするしかありません。

残念ですが、次期メインマシーンはi7 2700Kあたりにしようかと思います。
現在MacBookAirがメインマシーンです。
これが結構快適だったりします。


スポンサーサイト

さらに4テラ

dsr4tbcoolspin.jpg
3テラの次は4テラです。
1週間違いで4テラのセールです。
では、買い置きしておこうということで4テラ買いました。
増設HDDならなんら4テラもなんら問題ないのですが、Bootドライブにするなら2テラどまりでした。
(ほかに方法はありますが、実績のないことはあまりやりたくないのでこの方法です)
Linuxマシーンに6テラ欲しかったので3テラ2台で構成しようと思っていたら起動ディスクにできません。
仕方がないので2テラ+4テラになりました。
最低起動ディスクの容量を切った後で残りをrootに割り当てました。
こうしておけば、どのような使い方をしても柔軟に対応できます。
今のところ4テラ以上のHDD発売予定は無いようなのでこの方法で行きたいと思います。

とにかくタイの洪水被害でHDDの価格は上昇傾向でしたね。
早く、元の価格帯に戻って欲しいものです。

ところで、このモデルはSATA3です。
メインマシーンもSATA3のSSDはつながっていますが、HDDもSATA3にしようと思います。

3テラ時代に突入のHDD

41nQp4bspAL__SL500_AA300_.jpg

すごいことになりました。
2テラHDDですごいといっていたら、3テラ登場です。
このところタイの洪水被害でHDDの値段が急上昇中。
この4月には値段が下がるといわれていますがその兆候はまだありません。
しかしHitachiさんだけは安売りをしています。
そこで、3テラを購入しようとFrysへ。
ところがこのHDDは返品の嵐になっています。
そうなんです。
対応するOSをもっている人しか3テラが使えず、パーティッションを切って2テラに分割するしかなかったんですね。
そのため、勘違いしたアメリカ人はHDDが壊れているということで返品してきたのだと思います。
こちらはWindows7Ultimateなのでまったく問題なし。
しかし、こんなに返品だとHDD屋さん商売になりません。

ところで、

返品の中から新品を探して購入しました。
そして、持ち帰り箱を開けてみると、HDDの封があいているのです。
おかしい??
おそらく、前回、買った人がHDDの箱を開けるときに丁寧に開けて、外側にかかったバンドまでかけてあったのでお店の人が新品と間違え、また店頭に出してしまったようです。
新品でないと何が起きるかわからないので、こちらも返品しました。

そして、また新品を探して購入しました。
商品棚には返品だらけだったので新品はラスト2でした。
アメリカではここを注意しないといけませんね。

Arc Touch Mouse

microsoft-arc-touch-mouse-1282132397-crop.jpg
メインマシーンで使っているマウスがはげてきたのでArc Touch Mouseを買ってみました。
microsoft-arc-touch-mouse-1-550x296.jpg
ご覧のようにとってもお洒落でスタイリッシュ。
しかも持ち運びを考えてか中心部が平らになる構造です。
さて、使ってみて、自分の手に合いません。
人差し指のクリックが遠いのでクリックするときは力が要ります。
これでは辛いのでこの製品はパスします。


Microsoft-Touch-Mouse-04.jpg
次に買ったのはTouchMouse。
「優れたトラッキング性能の BlueTrack テクノロジと新機能マルチタッチ センサーを搭載」といううたい文句。
なのですが、何回使っても操作がなれないのです。
人差し指1本、2本、3本と動作がユニーク。
なのですが、ウィンドウが突然飛んでしまうし、手は痛くなるし。
これでは辛いのでこの製品もパスします。

ということで、やはりおじさんはふつーのマウスがよいのでした。
プロフィール

管理人

  • Author:管理人
  • 「0から始めた管理人の自作PC」ブログ版
    秋葉原から遠ざかってはや10数年。
    ここアメリカでもpc関連の情報発信にいそしむタフなやつ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。