スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水冷CPUクーラー

antec_620.jpg
core i7-2600のマシーンをテストしていたのですが、画像処理をぎんぎんにさせるとCPUが熱くなります。
どのくらい熱くなるか調べたところ、限界の摂氏100度に達していることがわかりました。
調べるのに利用したのがCPUID Hardware monitorです。

cpuidhm.jpg

これではCPUを壊してしまいます。
テスト機のCPUクーラーはCPUに付属のものです。
そこで、初めて水冷CPUクーラーに挑戦してみました。
水冷なので水が漏れるのではないかと心配しましたが結果は抜群に冷却効果がありました。
同じ処理をさせたところ摂氏60度に抑えられました。
FANの騒音も小さくなりました。

なかなか最近になく感動したパーツでした。
スポンサーサイト

エスプレッソメーカー

img91bd37ddzikazj.jpg
PCとは関係ないのですがエスプレッソメーカーを買いました。
やはり、IT関係は気分転換が必要ですよね。
こうなるとおいしいコーヒーが飲みたくなります。
そこで、高価なのですが意を決して、憧れのエスプレッソメーカーにしました。
今まではコーヒーメーカーですから、数杯分コーヒーを入れて、時間の経ったものを飲んでました。
エスプレッソメーカーは一度に2杯しか作れませんから、常にできたてです。
イタリア製で会社名が「さえこ」という日本女性の名前みたいです。
エスプレッソのお味は「さえこー」ですね。
問題は、掃除と手入れです。
結構めんどくさいですが、それを乗り越えるだけのおいしさはあります。

ソリッドステートディスク

41Dov00KLSL.jpg
またもやソリッドステートディスク(SSD)を買いました。

今度はHDDの速さを追及するPCを作るためです。
core i7の最速マシーンにRAID 0(ストライピング)を構成して、どんだけ早くなるかを検証します。
測定は CrystalDiskMarkというソフトです。

まずは、ハードディスクを測定。
hdd_crystal.jpg

次はSSDを測定。
ssd_crystal.jpg

どうでしょうか?

読み込みでは3倍以上のスピードが得られました。
このことにより、Windows7の起動時間は大幅に短縮されました。

出張用PCバッグ

41SN20dxRRL__AA300_.jpg
PC用のバッグはノートPCにとって衝撃を抑えるため必需品ですね。

いままで、ファブリックタイプのPC用バックを買っていたのですが、すぐにくたびれてきて、飽きてしまいます。
やはり、しっかりと長く使えるものがほしいので思い切って皮のPC用バックを物色しました。
amazonで探しているとTUMIなどが目に入ってきます。
デザインもよく、ぎりぎりまでTUMIのバックを買おうと思っていました。

実際にTUMIお店で見たとき、ファブリックと皮なので、どうしようか迷っていたところでした。
ところが、Amazonのお勧め機能で現れたsamsoniteが総皮のバックを出していることに気づき、
今回はこのバックです。


携帯用のネットブックとiPad2を入れて、海外出張しましたが、やはり本皮はいいですね。

末永く、大事に使おうと思います。
プロフィール

管理人

  • Author:管理人
  • 「0から始めた管理人の自作PC」ブログ版
    秋葉原から遠ざかってはや10数年。
    ここアメリカでもpc関連の情報発信にいそしむタフなやつ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。