スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSD

toshiba-nb205-n310-brown-cover-450.jpg
2年前に購入したネットブック。
やはり、遅い。
WindowsXPだったのですが、メモリー2Gに増設してWindows7を入れたもののそれでも遅い。
何とかスピードアップを考えていたところ、ソリッドステートディスクの広告が目に入り導入を決めました。
ソリッドステートディスクは32Gで70ドルと低価格。
であれば、WindowsXPにしてSSDの導入に踏み切りました。

これは驚きのスピードですね。

もっぱら外出専用のデモ機ですから、大容量のHDDも必要ないですし、電源を食わず、衝撃にも強いSSDは最適です。

このネットブック、発売当初からSSDモデルはあったのですが、数百ドルも高かったので2年待ちました。
その結果投資金額70ドルでこの機能が得られるのはありがたい話です。
corsair-ssd-nova-32gb.jpg

2.5inchのSATAとまったく同じ形状なので交換もまったく問題なしです。
めちゃくちゃ軽い、熱は出ない、音もでない、衝撃に強いというか内部的に壊れるものがない。

これはよいですね。
スポンサーサイト

macbook pro

081015macbook_pro_late_2008.jpg
これ以上アップルに貢献しないと書きつつもmacbook proを買いました。
これからはi7のCPUでないとすぐに古ぼけてしまいます。
いままで、PC人生うん十年のなかでMAC購入は初めてです。
エンジニア出身の私はやはり自分でいじり倒せないPCは購入したくないですが、お仕事の関係で仕方なく購入。

といいながらもやっぱりMACもよろしいですなぁ。

購入はやはりAmazonから。
そして、税金がかからないしFreeShipping3日で届きました。

これはすごい時代になったものですね。

4G 携帯

htc_thunderbolt.jpg
ipad2に引き続き2年のコントラクトが切れるのでBlackBerryからHTCに機種変しました。

iPhone4も視野に入っていたのですが、やはりこれからは4Gですね。

また、iPad2もあるわけですから、これ以上アップルさんに貢献することもありません。

このHTC Thunderboltは1月のCESで発表されていて2月発売だったのですがバッテリーあたりの不具合で発売が延期されていたものです。

BestBuyなどの広告から発売時期がリークされていたのですが、やっと3月末に発売されました。

購入の決め手は4GとHotspot機能とUnixOSのアンドロイドです。

iPad2はWirelessタイプですからこのHTC Thunderboltがあれば、外出先でもiPad2やノートPCが利用できます。

キャリアはVerizonなので電波状態も良好の会社です。
4Gの利用料金も29.99ドルで無制限。
これは買いです。

新製品ですからキャリアから購入しようと思っていたのですが、比較サイトでAmazonが最安値であることを知りました。

価格はVerizonが249ドルに対してAmazonWirelessは179ドル。
なんでこんなに価格が違うのでしょうか?

しかもAmazonはワシントン州の会社。カルフォルニア州から通信販売を利用すると税金がかかりません。
FreeShippingであるため、配送には5日かかりましたが、宅配便で送られてきました。

なんだか、携帯販売の代理店には気の毒な話ですが、明らかに代理店の存在価値は薄れてゆくようですね。

ipad2

11_03_03_apple_hp_ipad2.jpg
発売当日の3月11日オンラインでipad2を買いました。
オンラインの受付は11日午前1時。
11日午前0時近くから予約ページの確認していたら、0時20分予約ができたので16G Wirelessタイプを購入。
すると香港から3日で送られてきました。

これは驚きですね。

この11日は午後4時からアップルストアーで発売なのですが、あの長蛇の列に並ぶ気もしないのでこれは正解でした。

まぁ、特に2になったから大きな変化があるわけでもないのですが、前面パネルにカメラが付いたことでしょうか?

ちょっとした調べものならこのipadで十分ですね。

ASUS P8-H67M pro

P8H67-M-PRO-motherboard.jpg
i7-2600 自作PCに利用したマザーボードですが、

ASUS’ Response to the Intel® 6 Series Support Chip Design Error for North America Users

ということになり、ASUSがIntelのチップセット不具合のため交換作業を続けています。

返品交換はRMA(Return Merchandise Authorization)という言う番号で管理します。

交換の手順は2通り

1.先にマザーボードを送って、新しいマザーボードを受け取る
2.クレジットカード番号を知らせて、先に新しいマザーボードを受け取り、古いマザーボードを送る

2を選んだのですが、まだマザーボードは到着していません。

そろそろ連絡するかな?
プロフィール

管理人

  • Author:管理人
  • 「0から始めた管理人の自作PC」ブログ版
    秋葉原から遠ざかってはや10数年。
    ここアメリカでもpc関連の情報発信にいそしむタフなやつ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。