スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1TのDisk

またまた、Diskネタです。
本当にハードディスのお値段安くなりました。

今回はeSATA接続のDiskです。

USBでは遅いし、Firewireでもまだもの足りないときはeSATAですね。

接続したのはサーバー機です。

SCSI搭載機なのでSCSIDiskを増設すればよいのですが、SCSIDiskはいまだに価格が高いです。
そこで、SATADiskを付けようと思うのですが、まずインターフェースからありません。
PCIはあるので、PCIのeSATAカードの増設です。
PCIのeSATATカードには内部のポートと外部ポートがあります。
この外部ポートにeSATATケーブルで接続。
そして、HDDの認識とすんなり増設できました。
お次はPCマネージメントでActiveにしてフォーマット。
ただいま、試験運用中です。


スポンサーサイト

NetDisk

PCのHDD容量が少ない!?と言い出していたので、すべてのPCでアクセスできるファイルサーバーを用意しようと思ったのですが、PCサーバでは騒音があるし、電気代も馬鹿にならないので、このNetDiskを導入してみました。

ファイルサーバーならネットワーク共有で簡単接続ですが、このファイルサーバはNDASという接続です。IPアドレスが存在しないため、MACアドレスで接続。当然PCにはクライアントソフトが必要になります。ちょっと使いずらいものの、セキュリティを考えるとなかなか良いですね。

読み出し専用などの設定もPCごとにできるので大事なデータを壊されることもありません。

このNetDiskはHDDが別売りなので、HDDが安くなれば、大きな容量のDiskに変更できます。現在は先日$78で買った1TのSATADiskが搭載されています。


4Gメモリー

安くなってものですね。4Gのメモリーを買いました。よく間違えるんですが、2Gメモリーを持っている人が4Gを買って6Gになったと喜びますが、Windowsでは64Bit OSでない限り3.7Gしか使ってくれないのです。
なので、残りのメモリーをRamDiskとかにするんですが、中国製のRamDiskDriverがいまいち怪しいので、やはり4Gで十分ではないかと思います。

今回はVideo編集のために多めにメモリーをつみました。
なかなか快適です。


PC用のバック

あまりノートPCが好きでないのですが、運ぶのに衝撃を与えたくないのでPC専用のキャリングバックを使っています。
今まで使っていたのは少しくたびれてきたのと、少々大きめなので少しだけコンパクトなものを購入しました。

財布とおそろいです。

にしても、この手のバックってすぐにくたびれちゃうですよね。それで、新しいものを購入するんで、転職するならバック屋の仕事がしたいです。


黒苺 ストーム

ビジネス用にブラックベリーを買いました。

実は今まで使っていた携帯の電池が弱ってきたので、機種変です。
今回はそのままで使用しますので日本語化はやりませんでした。
それは、フォントを日本語にすれば電子メールなど日本語表示できたからです。
無制限の電子メールとウェブアクセスで月額$29.99。
iPhoneにするよりはお徳なんでブラックベリーしたわけです。


プロフィール

管理人

  • Author:管理人
  • 「0から始めた管理人の自作PC」ブログ版
    秋葉原から遠ざかってはや10数年。
    ここアメリカでもpc関連の情報発信にいそしむタフなやつ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。