スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカで購入した機器のレポート第18弾「レーザープリンターを購入する」の巻きです。

193s.jpg

低価格レーザープリンター
驚きました。なんと$129のレーザープリンターなんです。いままで、エプソンさんのレーザープリンターを使っていたのですがアメリカでは電源電圧が異なるため、日本の友達に上げてきました。アメリカに来てからはインクジェットのみ。最近大目の印刷があるたびにレーザープリンターが欲しくなりました。性能的にはまったく問題なく利用しています。ただ、1回に100枚程度連続印刷すると印刷濃度が薄くなることが難点です。でも、この価格ですから。
193-1s.jpg

やっぱりネットワークプリンターです。
以前記事にしましたAXISのプリントサーバでネットワークプリンターにします。昨年まではWindowsXPがサポートされず、なかばあきらめていた AXISのプリントサーバですが、やっと対応になりWindowsXPと接続が可能となりました。これでネットワークプリンターの完成です。ここでも電源電圧の問題でユニバーサル電源アダプターを購入。ご覧のようにいろんな電源端子がついた電源アダプターです。ちょっとむき出しが気になりますが。
193-2s.jpg


スポンサーサイト

アメリカで購入した機器のレポート第17弾「無線LANアダプターを購入する」の巻きです。

192s.jpg

無線LANで54Mbpsなんですから
レポート第16弾でお伝えしたルータは54Mbpsに対応しています。でも、このルータだけでは、宝も持ち腐れってことですね。ということで54Mbps対応の無線LANアダプターで確認してみました。ご存知のようにG規格は見切り発車のもの。現在同じメーカのLANアダプターなら問題なく使えますから、この無線LANアダプターを購入しました。ファーストインプレッションは「なかなか」というものでしたが、問題有り。電波の範囲が以前のものより狭い感じを受けました。もともと2Mbpsの転送を54Mbpsまで持ち上げたのですから。ということで、家庭内LANでサーバーが置かれている方には最適なアイテムになると思います。え?そんな人いない?で、ルータは通常の価格の5割り増し。アダプターは同じですから今後の動向を見てから買うのも手であると思います。
192-1s.jpg


アメリカで購入した機器のレポート第16弾「無線LANルータを購入する」の巻きです。

191s.jpg

無線LANで54Mbpsなんです
LINKSYSのWirelessLANルータはこれで3機種目ですが、やはり、転送スピードが54Mbpsというところに引かれて購入しました。通常は11Mbpsですが、D-linkが22Mbpsの規格やこのモデルで 54MbpsのG規格を出しています。お値段は$146と高めですが、将来この規格がスタンダードになればそのときにお買い得になるかもしれません(?)。構成はDSLモデムにWAN側を接続してLANにPCなどを接続しています。 DMZも持ち合わせているのでサーバを公開するにも問題ありません。
191-1s.jpg

4hubも付いて
背面はご覧のように4Hubがついています。家庭用ならこれで充分ですね。 WirelessはG規格のものを購入しました。これで、54Mbpsですから実に快適ですね。
191-2s.jpg


アメリカで購入した機器のレポート第15弾「SDカードの無線LANアダプタを購入する」の巻きです。

190s.jpg

USBも良いですが
PocketPCのは、通常は付属のUSBケーブルでPCをつなぎactivesync経由でシンクロします。この方法ですと、PCに接続されているUSBまで持ってゆかないとPocketPCのシンクロやWEB閲覧は利用できません。 WEBだけを利用したい場合はPCをPowerONしなくともWEB閲覧を利用したいですね。そこで、今回導入したのが無線LANカードです。方式はごく一般的なIEEE802.11Bで、11Mbytesのスピードが利用できます。カードタイプはType1と2が対応でした。
190-1s.jpg

とても便利です
ご覧のように接続状態が確認できる制御ページがあります。この情報を元にどこまで電波が届くかいろいろと実験しました。条件は木造家屋ですが、30m離れた屋外でも問題なく利用できます。さて、LAN経由のActiveSyncですが、以前のWindowsCEでは Winsサーバがないと名前の解決ができないため、一般の人に利用できるものではありませんでした。 PocketPC2002になってからはこの部分が改良されて何もしなくとも母艦(PC)の名前を解決して利用できます。これはとても便利です。
190-2s.jpg


アメリカで購入した機器のレポート第14弾「ブルートゥースアダプタを購入する」の巻きです。

189s.jpg

ブルートゥースアダプタでモバイルを
前回お伝えしたソニーエリクソンT68でモバイルをするために買いました。ソニーさんはブルートゥースでいろいろな商品を対応させているようですが、いまいち盛り上がりに欠けますね。今回はPocketPC2002につけるためいろいろとやってみました。まずは、ブルートゥースですが、2.4G帯を使った近距離の無線方式です。ソニーエリクソンT68のオプションでは無線のヘッドセットなどが売られています。
189-2s.jpg

設定は難しい
何とかモバイル環境を構築するために設定を行うのですが、これがめちゃくちゃ大変です。内容を理解してしまえば、わかることなんですが、ソニーエリクソンT68が電話をかけ始めるまでにかなりの時間を要しました。やっとのことにプロバーダーのアクセスポイントにかけるように設定できて一安心です。それにしても、これは簡単なものではありませんでした。いまいち盛り上がりに欠けるのはこのようなところが原因であると思います。しかも、無線LANと同じ2.4Gですからこれも要因としてありますね。

プロフィール

管理人

  • Author:管理人
  • 「0から始めた管理人の自作PC」ブログ版
    秋葉原から遠ざかってはや10数年。
    ここアメリカでもpc関連の情報発信にいそしむタフなやつ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。