スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカで購入した機器のレポート第9弾「激安PCを購入する」の巻きです。

184s.jpg
$499という安さで
自作をしようと部品物色にお店回りましたが、アメリカでは自作費用が高くつくようです。仕方がないので、とりあえず、激安なベァボーンに改造することにしました。するとCompUSAというお店でクリスマス商戦用の売れ残り激安PCを発見。残り1台ということで、試しに買ってみました。仕様はP4-1.8,128DDR-RAM,30M HDDこれにWindowsXPHomeとキーボード、マウスです。
184-1s.jpg

仕様はまぁまぁ
マザーボードはBIOSTAR U8668なんですが、BIOSTARのホームページにはありません。たぶん、OEM専用のボードなのかもしれませんね。 VIA Apollo P4M266 North Bridge ,VT8233A South Bridge,Integrated S3 Pro Savage8 32MB ,Realtek RTL8100BL 10/100 などなどの仕様です。他の付属してきたものはモデムボード、WindowsXP、キーボード、マウス、Driverの入ったCD-ROMなどでこの価格ならまぁまぁですね。グラフィック機能は不満が残りますので、手持ちのATI AllinWonderに変更... なんですが、VideoボードがPCIのせいか、挙動不審に陥りました。これについては次回解決についてお伝えしたいと思います。

スポンサーサイト

アメリカで購入した機器のレポート第8弾「palm m-130を購入する」の巻きです。

183s.jpg
初めてのパーム
パームはワークパッドを数年前に使いましたが、今度は本家のpalmを買いました。これもCircuitcityの通販で買ったのですが、アメリカではMailInRebateと言う仕組みでキャッシュバックがあり、お買い得でした。 MailInRebateでキャッシュバックしてもらうには買ったお店のレシートと申込用紙とUPC(バーコード)を切り抜いて郵便で送ります。すると忘れた頃に小切手が送られてきます。この国では郵便事情が良くないので、これらの書類はコピーをとるように指示されています。これは笑えます。
183-1s.jpg


これも日本語化
このパームも電子辞書として利用したかったので日本語化を試みました。 J-OS Vを入れて日本語化しますが、やはりアプリケーションまでは完全に日本語化出来ませんでした。ちょっと残念ですが、電子辞書プログラムは表示がおかしいですが、利用可能でした。しかし、ClieのHighResにはかないません。日本語は日本語OSでClieの方がスマートですね。カラー表示、SDカードスロットなど備えているので文句なしです。無線LANを買ったらワイヤレスで利用したいと思います。

183-2s.jpg


アメリカで購入した機器のレポート第7弾「CLIEを購入する」の巻きです。

182s.jpg

まさか、CLIEを買うとは...
パームはワードパッドしか使ったことのない私ですが、なぜか、アメリカでCLIEを買うことになりました。理由は子供の電子辞書です。 LAでも日系のマーケットで電子辞書は売られたいますが、ちょっと納得いかない価格です。そこで、電子手帳に英和辞書ということになったのです。こちらで買ったわけですから、もちろん英語版OSです。これを日本の通販でJ-Suiteを買い、入れて日本語化します。さらにメモリースティックに辞書のデータを入れて電子辞書のできあがりです。なんと$99.99なんですからお買い得。 J-Suiteが4000円ですから格安な電子辞書のできあがりというわけです。
182-1s.jpg

ハイレゾはやはり漢字表示のために
J-Suiteにはパワーフォントがバンドルされていて、このフォントが漢字表示を可能としています。その綺麗なフォントはやはりハイレゾのなせる技。アメリカで発売されたCLIEのハイレゾが皮肉なことに漢字表示で威力を発揮するとはS社の開発陣も思いも寄らなかったと思います。さすがS社。なぜにこのように破格であったかというとカラー版CLIE SJ33が発売間近だったからなんですね。いまは、在庫のみになったCLIE PEG-SL10ですが、バックライトもないので電池も長持ち。私は気に入っています。
182-2s.jpg


アメリカで購入した機器のレポート第5弾「携帯電話を購入する」の巻きです。

180s.jpg

2機種購入
アメリカにきて不便するのは電話です。公衆電話はあまりありません。日本もそうなりつつあります。でも、携帯電話市場はこれからのアメリカ。でも、携帯電話がないと日常生活で車の移動がほとんどですからないと困っちゃいますね。そこでBluetooth対応のソニーエリクソンT68iとシーメンスSX56の2機種です。 T68iは赤外線通信のほかにBluetooth機能が入ったてんこ盛り機種。ただ、まだBluetoothに対応した機器がないので後日報告します。
180-1s.jpg

pocketPC2002
なんとこのシーメンスSX56はポケットPC2002フォーンエディションだったのです。通常のポケットPC2002と大きな違いは電話をかけることができて、住所録と電話番号がリンクされているところです。電話帳に登録された電話番号は電話番号ではなく名前で表示される優れものです。

180-2s.jpg

activesync
PocketPC2002ですからActiveSync経由でOutlookなどと同期をとることが可能です。問題はインターネット上につながれたExchangeサーバとこの電話機の持っているモデム経由で同期ができるかどうかですが、今のところExchangeサーバは使っていますがこのサーバがインターネットに公開されていないので確認はできません。できそうなのは自前アクセスポイントです。Exchangeサーバにモデムを付けてRASの設定をすればできそうな気がしますね。なかなかお気に入りのPocketPCです。日本語ではないので日本語表示ができません。ただ、ハッキングすれば日本語表示も可能でした。でも、合法ではないのでやり方は公表できません。


アメリカで購入した機器のレポート第6弾「17inchLCDを購入する」の巻きです。

181s.jpg


大きいことはいいことだぁ
アメリカで購入した機器のレポート第5弾で購入したDellPCですが、箱を開けたら$100のクーポンが入っていました。Dellさんもやりますね。17inchDisplayが欲しかったので$100のクーポンを使って、これまた通販で購入しました。その昔、このクラスのでLCDは30万円もしました。それが数万円で買えるわけですから「台数が売れれば、価格が下がる」という証なんでしょうね。サイズは17inchで、1280x960まで表示されます。 Telnetを4枚開いてもOKなんですから頼もしいですね。これなら作業もスムーズに出来るという物です。すばらしい時代になりましたね。
181-1s.jpg


オーダーステータス
通販は物がいつくるか不安ですよね。ところがDellはマイページでShippingの情報を教えてくれます。いろいろと配送業者はあるようですが、今回はUPSでした。UPSのトラッキングページにLinkされていて、このページで自分の荷物がどこにあるか確認できます。Dellさんの倉庫がテキサスにあるようなのでテキサスからLAまで送られてきたようですね。なかなか便利な時代になりました。
181-2s.jpg


プロフィール

管理人

  • Author:管理人
  • 「0から始めた管理人の自作PC」ブログ版
    秋葉原から遠ざかってはや10数年。
    ここアメリカでもpc関連の情報発信にいそしむタフなやつ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。