スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LINE

line-icon.png
先日日本から来た人がアメリカ滞在中LINEで連絡したいということで入会してみました。
認証にはアメリカの携帯電話SMSで行うようなので、電話番号を入力、そして認証コードが送られてきます。
入会はとても簡単なのでしたが、そこからが困ったことに。

電話番号を登録している人からガンガン招待状が届きます。

SNSですから仕方ないのですが、なんだかよい気分になれません。
その方が帰国して成田空港に着いた時、お礼のメッセージが送られてきました。
深夜2時です。
そこで、LINEを退会することを決意。
アカウントを削除しました。
ここまでは笑い話なのですが、LINEの友達登録をどのようなアルゴリズムで探すのか興味を持ちました。

そこで、実験です。

1.新たにメールアドレスを作ります。
2.新たに作ったメールアドレスでFacebookに登録します。
3.Facebookでは一切友達登録をしないように設定します。
4.LINE APPからFacebookで認証登録。
5.友達に見つからないようセキュリティ設定を行います。

これで、LINEの友達はLINE事務局のみ。
友達追加をすると携帯電話に入っている電話帳から友達候補を探しています。
もちろん招待状は出しません。

結果としてわかったこと。

1.電話番号で認証登録すると自分の電話番号を登録している別のLINEユーザーに見つかってしまう。
2.Facebookの友達から友達候補を探し出し、Facebookユーザーに見つかってしまう。
3.電子メール登録をしてしまうと電子メールアドレス帳から見つかってしまう。

あくまで推測ですが、現在のところこのようになりました。

友達を選別して登録したい人はこの方法がお勧めです。
スポンサーサイト

Windows8.1 スタートメニュー復活か?

startbutton.png
以前インストール失敗したWindows8.1ですが、その後いろいろと情報が集まってきました。

まず、ローカルアカウントを引き継ぐには、
1.ストアーからダウンロード
2.オンラインアカウントを入力するところで新規登録を選ぶ
3.新規登録で登録せず、ローカルアカウントを選択

これによりローカルアカウントを引き継ぐことが可能となりました。
オンラインアカウントを使うにはパスワードがわからない時など便利ですが、正直気持ち悪いです。
ですから、私は絶対ローカルアカウントです。

さて、期待していたwindows7と同じスタートボタンですが、見事に裏切られました。
これならボタンが復活しても機能的に無いと同じです。
結局Start Menu Reviverを使うしかありませんでした。

次に統合されたSkydriveですが、インストール後、どこにあるかわからなくなってしまいました。
Skydriveをファイルエクスプローラで探すと発見したので、フォルダーをデスクトップにショートカット作成。

さてさて、何がどうよくなったのかわからずじまい。
セキュリティアップデートなら歓迎ですが、windows8.1の良さはいまだ見出せません。

windows 8.1

windows-8_1.jpg
Windows 8.1がリリースされたのでインストールを行いました。
手順はよくわからず、マイクロソフトのいなりでインストールしたのが大失敗。
3時間もかかった末に、ローカルアカウントはオンラインアカウントに変えられてしまいました。
せっかく苦労して設定した内容もパーとなり、結局のところWindows8へ戻しました。
全くのロスタイムです。
やはり、マイクロソフト製品は少し様子を見る必要があるようです。

windows8 使い勝手向上委員会 その2

desktop01.jpg
Windows7ユーザーでデスクトップにスタートボタンが無いのは困ります。
そこで、グーグルさんにお聞きすると、いくつか解決方法が出てきます。

有料ソフトもあれば無料のソフトも存在します。
3つの無料ソフトを試したものの、どれも一長一短。
しかも、要らないソフトもインストールさせられる場合もあり、どれもオススメ出来ませんでした。
強いて言えば、Classic Shell でしょうか。
でも初心者の方にはインストールで余計なソフトが入りそうなので、おすすめしません。
くれぐれも自己責任でインストールしてください。

さらに、regeditを使ってスタートを復活する方法もありましたが、
そこまで危険を犯すほどの内容ではないのでこのまま使おうと思います。

スタートボタンの次に重要なのはコマンドプロンプトですね。
コマンドモードでプログラムを実行したいのですが、これも厄介ですね。
これも調べてみるとWindowsキー+RでRunのウインドーが上がってきます。
ここにcmdと入力すれば、コマンドウィンドが出ますので、これは便利です。

Windowsキーはまだまだいろんな機能がありそうですね。

Windows8になっても不思議の国Windowsは変わりないです。

windows8 使い勝手向上委員会

desktop01.jpg
このWindows8はあまりPCはに詳しくない人に使ってもらうことにしました。
色々と説明をする必要もないと思い、使わせていたのですが、
PCの電源が切れなくて困っていたようです。

そして色々と調べてみると

1.パワーボタンを押す
これは危険すぎます。
長くパワーボタンを押しすぎるとOSではなくハードウェアの電源オフ機能が動作します。
デスクトップではパワーボタンのすぐ下にリセットボタンがあり、間違えて押す可能性があります。

2.マウスで右画面の際に持って行き、メニューを表示->Settingー>電源OFF。
4つの動作をしないとパワーオフができません。

3.Windowsキー+I
3つの動作をしないとパワーオフができません。

4.シャットダウンのショートカットキーを作る
shutdown /s /t 0 をコマンドから実行すれば終了するのでこのショートカットキーに設定しますが、
普通の人ではこの設定が難しいと思います。

ということで、どれも良い方法は無いようです。

一番良い方法は電源OFFしないで放置することなんでしょうかね。
windows7を使ってきたユーザー向けのOSでは無いと割り切るのも…なんですね。
プロフィール

管理人

  • Author:管理人
  • 「0から始めた管理人の自作PC」ブログ版
    秋葉原から遠ざかってはや10数年。
    ここアメリカでもpc関連の情報発信にいそしむタフなやつ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。